忍者ブログ

書評ブログの【笑える本を読もう!】

書評ブログの【笑える本を読もう!】

オードリー
・・・2008年M-1準優勝で、一夜にして人気に。当初は春日のキャラクターが受けていたが、最近は若林の「天然」ぶりがいい味をだしている。

そう。その通りだ。誰もぼくのことなんか見ていない。それはわかっているのだ。だがしかし、だ。ぼくなのだ。ぼくが!見ているのだ!
東京で悩んでいる人間は箱根でも悩む。
そのネガティブの穴の底に答えがあると思ってんだろうけど、20年調査した結果、それただの穴だよ。
春日は、正直本当に面白いことを言える人間じゃないと思う。でも、すごく面白い人間だと思う。
若林 たまに、猫は羨ましいなと思うんですけど、全裸で街を歩かなきゃいけないのがイヤじゃないですか。あと、よく集会を開いてるのを見かけるけど、ああいうの絶対出たくないし
PR
SHARE THIS!!!    
劇団ひとり
・・・湿度の高い独特なキャラクターで異彩を放つピン芸人。デビュー作『陰日向に咲く』で異常なまでの文才を見せる。

ここからだよ。ここから俺の人生が始まるんだよ。俺の人生を起承転結で言えば、まだ「起」の部分だよ。まったく凄まじい「起」だった。誰か俺の半生を描いたミュージカルでも作ってくれないかね。きっと面白いぞ。やっとプロローグの終わりってところだからな。多分そうに違いないよ。
仮に戦争が起きて、どこかの国が核爆弾を使うとしたら、半ば諦めて使うでしょ。
何があるかわからないから、歩いて行けばいいんだと思う。
昨日のお昼ご飯は『竜田揚げ弁当』だったのですが、大きな鳥の皮は非常に高カロリーなので外して、お米も半分だけ残しました。そして、その他を食べ終わってから最終的に皮をおかずに残りの米を全て食べました。完食です。
いつ頃かな、自分が特別だって思わなくなったのは。
最初はなるべくそのことから目を背けるんだけど、どうしたって視界の端っこには『普通』とか『平凡』とかって言葉がチラついてくる。普通とか平凡ならまだマシで、その内に『無能』とか『退屈』なんて言葉がチラついてくるから、一生懸命に見えてないフリをするんだ。でもさ、見えてないフリをするには家賃四万八千円のワンルームじゃ狭すぎるんだよ。
いくら目を逸らそうとしたって埃まみれのテレビの上とか、抜けたチリチリの毛が固まりになって落ちてるユニットバスの端っことかにそういう現実がイヤってほど転がってるんだよ。
今になって思い出せば、子供というのは実に変わり者が多い。大人になるにつれ、社会に適応するために角が取れて丸くなっていくが、それに比べて子供は尖りまくっている。
あの頃の子供達にとってはファミコンが全てであり、勉強が出来る奴よりもスポーツが出来る奴よりも何よりもゲームの上手い奴が偉かった。
SHARE THIS!!!    
PREV ≪  TOP | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  ≫ NEXT
Sponsored Link
Share
Ranking
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
New Reviews
Recommend
松尾スズキ (小説)
 クワイエットルームにようこそ
中島らも (エッセイ)
 中島らものたまらん人々
町田康 (エッセイ)
 猫にかまけて
奥田英朗 (小説)
 ララピポ
森見登美彦 (小説)
 夜は短し歩けよ乙女
Sponsored Link