忍者ブログ

書評ブログの【笑える本を読もう!】

書評ブログの【笑える本を読もう!】


作品名: チルドレン
作家名: 伊坂幸太郎
ジャンル: 短編集

笑:☆☆☆☆☆☆★★★★
楽:☆☆☆☆☆☆☆☆★★
ス:☆☆☆☆☆☆☆☆☆★
危:☆☆☆☆☆☆☆★★★
伊坂幸太郎その他の小説
【名言・みどころ】
「閉店時間が何だって言うんだよ。時間よりも客のほうが大事だろ。タイム・イズ・マネーと言うじゃないか。時間は金ってことは、金を預かるのが銀行なんだから、ここには時間だってあるんじゃないか。そうだろ?」

【書評・あらすじ】
 思ったことをすべて口にし、思うが儘に行動する自由人、陣内。そしてそんな彼と大学入学以来腐れ縁の鴨井。冷静沈着な盲目の青年永瀬。『チルドレン』はそんな彼らを中心に据えた連作短編集だ。
 銀行強盗や女子高生の援助交際(?)、少年の非行など、作品内でそれなりの事件は起きるのだが、物語は劇的というよりは、むしろのんびりと進む。それでいて中心人物の陣内のキャラクターがとにかく痛快で、読んでいてまったく飽きなかった。
 中でも好きだったのが、第3話の「レトリーバー」に描かれた、盲目の永瀬が募金をしているわけでもないのに「善意」のおばさんから「施し」を受けた場面だ。通りすがりのご婦人が「何も言わずに、これ使って」と5千円を永瀬の手に握らせるのだが、その様子をはたから見ていた恋人の優子は「憤慨すべきなのか、悲しがるべきなのか、感謝すべきなのか」と悶々とした気分になる。 この感覚はよくわかる。押しつけの善意は時として悪意よりもたちが悪いものだ。
 しかしその場に陣内が現れた際、この不快感は一遍する。陣内は永瀬が見知らぬおばさんから5千円をつかまされたと知ったとき「ふざけんなよ」と憤慨する。しかしこの憤りは善意を押し付けてきたおばさんに対するものではない。ましてや盲目の永瀬の心中を察しフォローしようとしているわけでもない。
「何で、おまえがもらえて、俺がもらえないんだよ」
 陣内は単純に、永瀬だけが5千円をもらえ、自分は何ももらえないことに腹を立てているのだ。
「自分だけ金を手に入れたからって、いい気になるなよ」
 陣内は永瀬を気遣うどころか、むしろ彼に憤慨しながら、その施しをした婦人を懸命に探そうとしたりする。
 その時の陣内の様子を、永瀬は次のように回想する。
「あの時の陣内は、本当に、普通だったなあ」 
 わけもなく5千円をもらえたことを「普通」にうらやましがる。そんな陣内のやることは一見めちゃくちゃなのだが、それは永瀬にとって一番優しいことだったりする。
PR
SHARE THIS!!!    

作品名: 毒舌訳 哲学者の言葉
作家名: 有吉弘行
ジャンル: エッセイ

笑:☆☆☆☆☆★★★★★
楽:☆☆☆☆★★★★★★
ス:☆☆☆☆★★★★★★
危:☆☆☆☆☆☆★★★★
有吉弘行のその他の本
【名言・みどころ】
ニーチェは一応、正しいこと言ってますよね、童貞のくせに。

【書評・あらすじ】
 ニーチェ、キルケゴール、セネカ、アリストテレス、プラトンなど、古代から現代までの哲学者たちが残したアフォリズムを、「近所の厄介者で理屈っぽくて偏屈な人たちが言ってる言葉」と捉え、有吉が自流の解釈を展開する。
 基本的に「偉大」とされる哲学者たちを仕方ない人として捉え、彼らの言葉を毒舌でぶった切るようなスタイルで、あのニーチェをして一貫して「どうせ童貞でしょ」的なスタンスを貫き通したあたりは立派というか、さすがというか。

 しかし哲学の解説というものでは一切なく、哲学者のアフォリズムを用いて有吉がちょろちょろっと考えを述べるスタイルなので、どちらかというと有吉自身の名言集みたいなものになっている。
 何か深い洞察などを楽しみに読んじゃうとがっかりすることになると思う(僕がそうだったので)。しいて言えば、話題の中でダチョウ倶楽部を素直に評価した項目や、上島竜平の話題が多かったりして、その辺は意外な一面が見れてよかったかな。
 
 背表紙に「哲人の言葉が身近に感じられる」なんて書いてあるけど、んなことはありません。 あまり本腰入れずに、移動中にさくっと読みたい一冊。
 少し名言集にあげたのでごらんあれ。
SHARE THIS!!!    
 TOP | 1 2 3 4 5 6  ≫ NEXT
Sponsored Link
Share
Ranking
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
New Reviews
Recommend
松尾スズキ (小説)
 クワイエットルームにようこそ
中島らも (エッセイ)
 中島らものたまらん人々
町田康 (エッセイ)
 猫にかまけて
奥田英朗 (小説)
 ララピポ
森見登美彦 (小説)
 夜は短し歩けよ乙女
Sponsored Link