忍者ブログ

書評ブログの【笑える本を読もう!】

書評ブログの【笑える本を読もう!】


作品名: 人として軸がブレている
作家名: 大槻ケンヂ
ジャンル: エッセイ

笑:☆☆☆☆☆☆★★★★
楽:☆☆☆☆☆★★★★★
ス:☆☆☆☆★★★★★★
危:☆☆☆☆☆☆★★★★
大槻ケンヂその他のエッセイ
【名言・みどころ
僕が悶々サブカル少年であった八〇年代には、「こんなにもてないならいっそ女になってしまいたい」オッパイ見放題だから、という哀しいむなしい思考の流れがあった。

【書評・あらすじ】
 筋肉少女帯のボーカリストにして、何者かよくわかんないけどなんかときどきテレビで見かける変わった風貌の中年、大槻ケンヂのエッセイ集。
 初出は2008年ごろに書かれたもので、ちょうど筋少が長い活動「凍結」期間から復活した時期にあたる。
「X51・聖地シブコーは畳み敷き」では、こらまた何者かよくわかんないけどなんかときどきテレビで見かける変わった風貌の中年ローリー寺西率いる「すかんち」と合同で行った復活ライブの話なんかが出てくる。
 その際、かつてミュージシャンの憧れだった会場「渋谷公会堂」が「渋谷C.C.レモンホール」になっちゃってたなんて話題があるが、実は僕、そのライブを見に行っていたのだ。


 証拠写真、ライブの際にはMCでこのネーミングをさんざんネタにしていたものだ

 さて、本書の内容だけど、うーんなんというか…、一言でいえばとてもオーケンらしい一冊だった。
 オーケンらしいとはつまり、「ムー」とかUMAとか、プロレスとかロックとかB級映画とか、やはりとにかく「いかにも何者かよくわかんないけどなんかときどきテレビで見かける変わった風貌の中年」らしい内容なのだ。
 ミュージシャンでなければ本当にこの人何者なのかわからない。
 元バービーボーイズの杏子が怪獣モケーレ・ムベンベに熱を上げなぜかイギリスにネッシーを探しに行ったなんて話をエッセイでアツく語られても…、いや、ちょっと面白いけど。

 恐らく「サブカル」と言ってしまえばそうなのだけど、とにかくそういう趣向が好きか、そうでなければ僕のようによほどオーケンにリスペクトがなければあまりおススメはできない。
PR
SHARE THIS!!!    

作品名: 現代、野蛮人入門
作家名: 松尾スズキ
ジャンル: エッセイ

笑:☆☆☆☆☆★★★★★
楽:☆☆☆☆★★★★★★
ス:☆☆☆☆★★★★★★
危:☆☆☆☆☆★★★★★
松尾スズキその他のエッセイ 
【名言・みどころ】
良識というものが幅を利かせ、どんどん息苦しくなっていく現代においては、心の中になににも縛られていない”野蛮人”を飼う生き方もありなんじゃないかと思います。
心の中に、楳図かずおを。

【書評・あらすじ】
 松尾スズキが新書を。
 新書ってぇとなんかあまりよく読まないので知りませんが、あれでしょ?この本を読んで自己を高めていつかは太陽エネルギーをインナーワールドに流し込んで手からオーラを出しながら患部に触れるだけで毒素が時計や貴金属になって具現化するのでみんないつか立派な社会人になろうよ、みたいな種類の本なわけでしょ。
 あの退廃と暴力とギャグだけでできた松尾スズキがそんな新書を出していて、しかも帯には「演劇界の鬼才が語る、世界をちょっとだけ生きやすくするヒントが満載」なんてことが書いてあるんだからなんだか驚きだね。
 語り口もギャグに走らずずいぶん肩の力を抜いた感じになってて、松尾さんもスズキさんもどうしちまったんだいといささか心配になってしまった。

 さて、本書は松尾スズキがいう現代の野蛮人としての生き方を綴ったものだ。
 この「現代の野蛮人」について本文では「良識というものが幅を利かせ、どんどん息苦しくなっていく現代においては、心の中になににも縛られていない”野蛮人”を飼う生き方もありなんじゃないか」と書いてある。
 ようは円滑な社会生活を送るためには表面上いい顔、いい行いをしておかなければならないけど、心の中だけでは「罪悪感のかけらもない」ひどい人間であってもいいじゃないの、というものなのだ。
 特に2章では「偽善だっていいじゃないか」というタイトルで独自の「偽善」論が展開されている。このテーマは松尾スズキがこれまで繰り替えし論じてきたもので、この本はその総括のようなものといえる。
 偽善というのは「いい人を演じる行為」であり、「善意」とは一線を画するものである。
 例えばゲストとして呼ばれた飲み会で、顔見知り程度の人たちの中でときどき話題にはぐれているとする。すると少し離れた席から、いかにも気の利く女風の人のこんな声が聞こえる――「ほら、あんたたち気をまわしなさい。吉村さんが一人じゃないの」。
 問題はこの声の主が「自分は気を利かせていいことをしている」と妄信していることであって、このように「善意」とは、その本人の無自覚さと破壊力の面で、ときとして殺人級に暴力的でさえある。
 松尾スズキのいう「偽善」とは、そんな「善意の人」であるくらいなら、いっそ自覚的にそれを演じ、いいことをしている自分を誰かに見られてほめられたい!「松尾スズキ、三宿で老人を助けたなう」とツイートされたい!そのためにも目の前で老人に倒れてほしいと願うことさえもいとわない!と、そんなみっともない自分の内面を肯定したほうが、自分も回りも幸せなのではないか、少なくともそれで倒れた老人も救われるわけだし、ということなのだ。
 それにしてもいちいち「いいこと」をするためにこんなひねくれたことを考えておかなければならないのだから、松尾スズキ、やはり生き辛い人だな。
 
 ところで松尾スズキの最初のエッセイ集『大人失格』の中で、喫茶「バカボン怒」のマスター「呼元氏」という人物のことが書かれている。
 なんでもこの人物は募金等のボランティア活動をしては、その様子を撮影し、その後「みんなで鑑賞」したりして楽しむのだという、「趣味の偽善」を標榜する男なのだ。
 この本を読んだ当時、すごい人もいるなーと驚いていたのだが、この人の話題がこの『現代、野蛮人入門』の中に出てきた。なんと、フィクションだったという種明かしとともに。
 なんでも当時付き合っていた女などにも早く「バカボン怒」につれてけとおねだりされたりしたのだそうだが、そりゃそうだ。僕もいると信じてたもの。
 なんだか、サンタがいないことに気づいてしまった小3の夏の気持ちを思い出した33歳の梅雨。
SHARE THIS!!!    
PREV ≪  TOP | 1 2 3 4 5 6 7 8 9  ≫ NEXT
Sponsored Link
Share
Ranking
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
New Reviews
Recommend
松尾スズキ (小説)
 クワイエットルームにようこそ
中島らも (エッセイ)
 中島らものたまらん人々
町田康 (エッセイ)
 猫にかまけて
奥田英朗 (小説)
 ララピポ
森見登美彦 (小説)
 夜は短し歩けよ乙女
Sponsored Link