忍者ブログ

書評ブログの【笑える本を読もう!】

書評ブログの【笑える本を読もう!】

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SHARE THIS!!!    

作品名: 何をかいわんや
作家名: ナンシー関
ジャンル: エッセイ

笑:☆☆☆☆☆☆★★★★
楽:☆☆☆☆☆☆★★★★
ス:☆☆☆☆☆★★★★★
危:☆☆☆☆☆☆★★★★
ナンシー関その他のエッセイ
【名言・みどころ】
私は18歳で高校を卒業するまでを地方で過ごした。地方といっても、埼玉県や茨城県だとかいった、のほほんとしたところではない。青森県である。思い切りがいい。

【書評・あらすじ】
 先日ナンシー2世、ことマツコ・デラックスのコラムを読んだら、つい本物が読みたくなった。われながら分かりやすい性格である。
 本書はナンシー関急逝後、方々に書き散らかされていた未出のコラムをまとめて出版されたもののようだ。そのためネタの時代も出典もバラバラで、一番古くは「ALL」なる雑誌の1987年の記事で、ジャイアンツの原(当時選手)の「原くん」という呼称について。一番新しいので2001年「ジス イズ 満 吹越」という舞台のチラシで、吹越満の顔のつくりについてであった。

 普段のナンシーのコラムは基本的にどれを読んでも「TV・有名人評」、金太郎飴のようなものなのだが、本書は遺稿集的な意味合いのためか、珍しくその呪縛から開放されていた。
 1~3章はいつもどおり、芸能人やその顔の造型、CMについての内容だった。中でも歌詞に関する比較がいくつかはさまれたのは珍しかったが、やはりテレビ関係のネタはこのように時が経ってしまうとリアルタイムで読むようには楽しめない嫌いがある。
 4章「雑誌オゾンホール」では少し趣向が変わって「雑誌評」。「小説すばる」なる雑誌で京極夏彦がアイドル扱いされている、なんてネタ(95年)はなかなか時代を感じで趣き深い。  

 しかし5章「暮らしの天気図」はいつもの感じとはかなり趣が違った。というのもこの章では、自分自身についてや世の不思議について書かれたネタが集められているのだ。 なんでも18歳まで青森で過ごして予備校に通うために上京し、1年間上石神井に住んだとのことだが、このようにナンシー関が自身の過去について著書の中で語ることは珍しい。
 また、「人はいつからお中元を贈るようになるのか」という項では、オヤジの「コスプレ」としてお中元を贈り始め、最初はプレイ(ごっこ遊び)だったのがいつの間にか日常化するのではないかという指摘があったが、生活評においてもさすがナンシーの観察眼である。

 しかしもの珍しさはあったものの、結局「いつもの感じ」のほうがおもしろくはあったかなあ。
PR
SHARE THIS!!!    
笑える本を読もう! > ナンシー関のエッセイ【書評一覧】 > ザ・ベリー・ベスト・オブ・ナンシー関の小耳にはさもう

作品名: ザ・ベリー・ベスト・オブ・ナンシー関の小耳にはさもう
作家名: ナンシー関
ジャンル: エッセイ

笑:☆☆☆☆☆☆★★★★
楽:☆☆☆☆☆☆★★★★
ス:☆☆☆☆☆☆★★★★
危:☆☆☆☆☆☆★★★★
ナンシー関その他のエッセイ
【書評・あらすじ】
 正直、あると思った。
 ブックオフで見つけたときも、ですよねー、としか思わなかったし、レジに向かいながらも、買うよねーとしか思ってなかった。
 「ザ・ベリー・ベスト・オブ・ナンシー関」、そりゃあ、あるでしょうね。

 念のため初めてこのブログにきた人に説明しておくと、ナンシー関とは2002年に急逝したコラムニストで、同時に消しゴム版画家という世にも珍しい肩書きを持っており、テレビや芸能人について痛快な論を展開し、見ているものが「そうそう!」とうなづいてしまうような、かゆいところに手が届くネタを数多残した人なのだ。リアル女版マツコ・デラックスと思っていただけたらいいだろう。笑える本を読みたければとりあえずこの人のコラム読んどけ的コラムニストなので、どうぞよろしく。

 さて、週刊朝日で約10年間連載された「小耳にはさもう」。この連載は「耳」シリーズとして6冊書籍化されているんだけど、そのシリーズから100本を厳選して一冊にまとめたのがこの「ザ・ベリー・ベスト・オブ・ナンシー関の小耳にはさもう」だ。
 しかし今何気に「厳選して」と書いたけど、果たして本当に厳選されたのかどうかさえ怪しい。
 というのも、ナンシー関のコラムはとにかくどこを斬っても一定なのだ。正直かなりの冊数をこれまで読んできたけど、どれがどの本なのか、自分はどの本を読んでどの本を読んでないのか、じっくり読んでもまったく見分けがつかないほどなのだ。どこを切っても「芸能人とテレビを斬るナンシー」という同じ柄が出てくる金太郎飴的コラム。
 そんな一定のクオリティを保ち続けた10年分のコラムを、どうやって「厳選」するというのか。

 なんにせよこれは最たる「ナンシー関入門書」となることだろう。
 というのも、ナンシー関のコラムは「何」シリーズが主で、そっちのシリーズが10数冊存在するはずなのだ。
 つまり、少数派の「耳」シリーズをまとめたこの一冊をとりあえず読んどいて、気に入れば「何」シリーズをじっくり読めばよい。

 ちなみにこの本では、ナンシーからネタにされた芸能人が50音順に掲載されているので、辞書的に使うことができて便利。いや、読書で便利かどうかをいうのもどうかと思うけど。
 普通に最初から順に読んでいくというよりも、「あ、中山秀征ってなんて言われているかな」などと思いついたときに索引(全頁の端がアカサタナと黒くしてあり、辞書と同様本を閉じた状態でもどこがア行かわかる)を見て該当のページをぱらぱらとめくり「『生ぬるいバラエティーに不可欠な「中山秀征的才能」において天才である』、うーむ的確」、と満足する、なんて使い方が正しい気がする。
 つまり「ナンシー関の芸能人辞典」、と位置づけることができる一冊なのだ。
SHARE THIS!!!    
 TOP | 1 2 3 4 5 6  ≫ NEXT
Sponsored Link
Share
Ranking
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
New Reviews
Recommend
松尾スズキ (小説)
 クワイエットルームにようこそ
中島らも (エッセイ)
 中島らものたまらん人々
町田康 (エッセイ)
 猫にかまけて
奥田英朗 (小説)
 ララピポ
森見登美彦 (小説)
 夜は短し歩けよ乙女
Sponsored Link