忍者ブログ

書評ブログの【笑える本を読もう!】

書評ブログの【笑える本を読もう!】

大槻ケンヂ
・・・80年代に筋肉少女帯としてバンドデビュー。奇抜な衣装とキャラクターでお茶の間の人気者に。僕の10代の頃のカリスマ。代表作は『グミ・チョコレート・パイン』。アンダーグラウンドな作風を得意とする。

バッタだ、こりゃバッタの味だ。
「生きることってグミ・チョコレート・パインだと思うの」
「その動き、どうか死後硬直であってくれ!」
「すげーな、これだけ逃げ出したいのに、逃げ出せないことってこの世にあるんだな」
死んだら伝説、狂えばカリスマ、生き残ったらただのおっさん。
熱い!熱い!燃えているぞ少年少女たちは。今すぐにでも「○○様万歳!」と数万人の人文字をつくりそうないきおいじゃないか。最高ですかっ!
「たとえ負け犬でも、犬死にだけは嫌なんだ」
「バンドは物販。ロックは懐メロ。人生は領収書」
「一発屋を笑うやつは、一発も輝いたことのないやつらだ」
僕はさまざまな仕事を20代にやってみたけど、ボンクラの性分に一番合うのはやっぱロックだよ。何しろ昼まで寝てられる。
何かが起こるんじゃないかとの期待に応えるのがロックバンドの仕事だ。
PR
SHARE THIS!!!    
松尾スズキ
・・・奇才。最近メディアに引っ張りだこの劇団大人計画主宰。中島らもが「ロック」なら、この人は「パンク」。根拠はない。代表作は『クワイエットルームにようこそ』。

「頭燃やしただけじゃんよお!頭燃やしただけじゃんよお!頭燃やしただけじゃんよお!」
 いいリズム感だ。
私は毛深い。プールで泳いでいて見知らぬ子供に『鬼』と呼ばれたこともある。
「松尾さん、阿久悠すか?ある意味、阿久悠すか?ね、ね」
「いや……どう答えていいか……」
自分で何かを決めるなんて、そんな迂闊なことはしたくない。他人の「ややぬるめの命令」をヘコヘコと聞いて従って、なんにも考えずにどうにか人生やり過ごして逃げこなしたい。
逃げ場の数だけ我々は、欠落をしょいこんでいる。
その年のブスの数は同じ年のチャゲアスの納税額に比例する
リアルは「ノイズ」に満ちている。
「ブスが過ぎてもう肉眼では見えない」ほどにブス
なんかさあ、大人っぽい考え方を持ちにくい時代だよね。「大人っぽい考え」って先の見通しを立てることなのに、先のことがわからないから、発想が子供じみてくる。
パッとしないことばかりで心の中はいつも拘置所から出てきた田代みたいにブルージーだった
しのげ。無理にでも。今を。この1日を。
人生は、やけに延びてしまった授業に対する、死に物狂いの暇つぶしだ
誰が決めたかわからないルールや道徳。それは確実に、偉い人が自分の既得権益を守るために作られたものです。そのルールこそ、野蛮人の敵なのです。
人生はとは神が作ったアダルトビデオであり、我々の不幸は神のマスターベーションのおかずなんだ、と。だったら、こちらが笑いに変えることでせめて「抜きにくく」してやる、と考えることで乗り切りたいのです。
SHARE THIS!!!    
PREV ≪  TOP | 1 2 3 4 5 6 7 8 9  ≫ NEXT
Sponsored Link
Share
Ranking
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
New Reviews
Recommend
松尾スズキ (小説)
 クワイエットルームにようこそ
中島らも (エッセイ)
 中島らものたまらん人々
町田康 (エッセイ)
 猫にかまけて
奥田英朗 (小説)
 ララピポ
森見登美彦 (小説)
 夜は短し歩けよ乙女
Sponsored Link