忍者ブログ

書評ブログの【笑える本を読もう!】

書評ブログの【笑える本を読もう!】

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SHARE THIS!!!    
<

作品名: PEACE
作家名: みうらじゅん
ジャンル: エッセイ

笑:☆☆☆☆☆☆★★★★
楽:☆☆☆☆☆☆☆★★★
ス:☆☆☆☆☆☆★★★★
危:☆☆☆☆☆☆☆★★★
みうらじゅんのその他のエッセイ
【書評・あらすじ】
 タイトルからも分かるように、どうもこの『PEACE』は以前紹介した『LOVE』の姉妹本らしい。
 LOVEとPEACEで<LOVE&PEACE>だ。

 1990年から2003年までに書き散らかした文章を集めた一冊になっている。
 全体に統一性はなく、漠然とみうらじゅんの13年間を辿るエッセイ集になっている。
 テーマは音楽、映画、エロ、仏像、そして何より自分。<自分マニア>を自称するみうらじゅんらしい、the自分語り、な一冊。
 
 ただ、実は僕はこの手の自分語りのエッセイはわりと好きだ。
 みうらじゅんの場合「親孝行」とか「仏像」など、あるテーマに即したエッセイも多く存在するんだけど、それらのエッセイって、こんなところに着目できる俺って、っていう美意識があって、やっぱり僕にはついていけない。
 一方で自分語りのエッセイって、もうどっぷり自分大好きな内容(たとえネガティブに語るとしても)ではあるんだけど、その人の生きざまがもっとも表れるものだと思う。
 そしてさすが<自分マニア>だけあって、みうらじゅんの自分語りは抜群に面白いのだ。
 こういうときのみうらじゅんの文章は、僕が敬愛する中島らものエッセイを思わせるものがある。

「中途半端にかしこくなるよりも、素晴らしいバカになるために努力をするべきだ」

 絶好調で名言続出。名言集もチェケラウ。

PR
SHARE THIS!!!    

作品名: 親孝行プレイ
作家名: みうらじゅん
ジャンル: エッセイ

笑:☆☆☆☆☆★★★★★
楽:☆☆☆☆☆★★★★★
ス:☆☆☆☆☆☆★★★★
危:☆☆☆☆☆☆☆★★★
みうらじゅんのその他のエッセイ
【書評・あらすじ】
 久々の更新です。ひと月以上更新する暇を与えてもらえませんでした。ここ数ヶ月で土日休めた日が何日あったかなと片手でカウント。
 でもまあ忙しいと小さなことにクヨクヨする暇もないのでメンタル的にはいいのかもね。たぶんホントはくよくよしなきゃいけないことをいろいろやっちゃってるんだけど、忙しいとへっちゃら。

 さてさて、みうらじゅんの『親孝行プレイ』について。ひっさびさの更新だい。

「心が伴ってからでは親孝行も手遅れになることがある」
 そんなテーマから親孝行をある種の<プレイ>とみなし、自称<親コーラー>のみうらじゅんがこのプレイを心行くまで楽しむための指南を語る。
 そこでは旅行、帰省、妻活用法、孫活用法、父親孝行、寿司屋活用法、友活用法など、親孝行のために役立つ道具、手段などが指南される。
 旅行では両親と自分の家族の部屋を分け「ホテトル嬢プレイ」(自分だけ両親の部屋に出張)をせよ、妻に小銭をつかませて両親の前で「殿様プレイ」をせよ、すし屋では父親と大将二人から説教されよ、など親コーラーを目指すなら役立つ知識がいっぱい詰め込んである。
 また、「母親はいつまでも息子の恋人」、息子の結婚は「最愛の人を愛人にくれてやった」、「『親友』とは『親』の『友』と書く」(ので両親と親友は気が合う)など、深くうなづける目からうろこの発想がポンポン飛び出してくる。

 まあなんというか、みうらじゅんは照れ屋なのだ。
 本当は素直に親孝行したいというか、すでに親孝行しているのだけど、それに<プレイ>というエクスキューズをつけないとならない。でそのエクスキューズが誰に対するものかというと、それは他でもない自分自身だったりするのだけど、なんかそういう自意識と素直さの狭間に揺れる自分をはからずしも描いてしまったのがこのエッセイ集だと思う。
 エッセイ本編はさほど笑える感じではなく、なるほどねーといった感じなのだけど、最後の最後で声を出して笑ってしまった。もはや悶絶して笑ってしまった。
 不良になりたかった思春期のみうらじゅんに対してオカンがとった行動が爆弾だったわけだけど、僕が身もだえして笑ったのはやはり自分にも近い思い出があるからで、やっぱり母親にはかなわんということなのだと思う。
「母親はいつまでも息子の恋人」
 なるほどねえ。 
SHARE THIS!!!    
 TOP | 1 2 3  ≫ NEXT
Sponsored Link
Share
Ranking
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
New Reviews
Recommend
松尾スズキ (小説)
 クワイエットルームにようこそ
中島らも (エッセイ)
 中島らものたまらん人々
町田康 (エッセイ)
 猫にかまけて
奥田英朗 (小説)
 ララピポ
森見登美彦 (小説)
 夜は短し歩けよ乙女
Sponsored Link