忍者ブログ

書評ブログの【笑える本を読もう!】

書評ブログの【笑える本を読もう!】

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SHARE THIS!!!    
みうらじゅん 
・・・いわずと知れたサブカルの王様。 すかんちの小川文明さんのそっくりさん。

 体は旅に出ても、心は君を忘れていないよという証として、土産物は存在すると思っていた。ところがこのバッカな顔のヒョータンときたら、どーだ!もらってうれしくない上に、どういうつもりで買ってきたわけ!?と、センスまで疑われる始末だ。
 これはもう”みやげ”ではない!いやーな感じの”いやげ物”だ!!
思い出の街は、思っていたより意外と狭くて、
ボクはまるでミニチュアセットの中を歩いているような気がした。
ボクはそんな街で持て余すほどのコンプレックスを抱えて生きてきたんだ
死にたいなんて思ったことはないけれど、最近やっと、いつ死んでも構わないって思えてきた。こんなロクでもない奴と、あまり長くつき合うのに嫌気がさしてきたのかもしれない。
ボクはマトモ・コンプレックスだ。マトモに生きたくないと思うこと自体、マトモな人間である証拠だからだ。
人間の悲しいところは、いつか何もかも忘れてしまうところだ。忘れかけていた記憶を取り戻そうとした時、感傷的に美化した話だけをしてしまうところだ。
オレはどんなに興味のない他人の趣味だって、フツーじゃなければ容認できた。異常にその趣味が好きな人間なら、たとえそれが鉄道マニアであっても、オレは真髄の部分で話ができると思っていた。今でいう、なんとなく適当にカラオケが好きなやつなどとは、話もしたくないわけだ、オレとしては。
大人なんて結局、子どものなれの果てだもんね。
「親友」とは「親」の「友」と書くのである。
オカンというものは息子の方でどれだけ親と距離を置こうが、オカンから息子への距離というのはいつまでも一定なのである。それもたいへんな至近距離なのだ。
中途半端にかしこくなるよりも、素晴らしいバカになるために努力をするべきだ。
PEACE
”シャイ”、聞こえはいいが、人生にとって何の価値もない自制心。
PEACE
プレスリーは死んだが、まだロックの結論は出ていない。
PEACE
両親の優しさが僕をロックから遠ざけている。僕のコンプレックスは幸せ過ぎるところに違いない。
「イヌ、おまえは本当に自分のことが好きやな、自分マニアや」
セックスはゴムを着け、ドラッグは当然禁止され、後に残ったロックンロールだけが頼り。
「新入生の諸君!どつき回したろか!!」
PR
SHARE THIS!!!    
Name  (任意)
Title  (任意)
URL  (任意)
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Sponsored Link
Share
Ranking
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
New Reviews
Recommend
松尾スズキ (小説)
 クワイエットルームにようこそ
中島らも (エッセイ)
 中島らものたまらん人々
町田康 (エッセイ)
 猫にかまけて
奥田英朗 (小説)
 ララピポ
森見登美彦 (小説)
 夜は短し歩けよ乙女
Sponsored Link